脱毛施術を受ける際に、どのくらいの施術回数が必要なのか気になる方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、部位ごとに必要な脱毛回数は何回なのか?少ない施術回数で効率よく効果を実感するための方法は?という疑問について、ポイントに分けて解説します。

少ない回数で脱毛したいなら「医療脱毛」を選ぼう

脱毛の施術回数を、なるべく少ない回数に抑えたいというのであれば、『医療脱毛』を利用することをおすすめします。

それでは、この『医療脱毛』とは、一体どのようなものなのでしょうか。

医療脱毛とは

医療脱毛とは、通常の美容サロンでの脱毛施術とは異なり、医療機関である脱毛クリニックで行われる脱毛施術です。

そのため、実際に脱毛施術を行うのが、医療資格を保有する医療従事者であるというのが、大きなポイントとなっています。

また、施術に使用する脱毛器も、脱毛クリニックでしか使用が認められていない高性能の機器を使うというのが特徴です。

医療脱毛とサロン脱毛の違い

医療脱毛と美容サロン脱毛の一番の違いは、何と言ってもその脱毛効果にあります。

医療脱毛では、脱毛クリニックでしか使用が認められていない高出力のレーザー脱毛器を使用することができますので、施術効果も美容サロンと比較して高くなっているのが特徴です。

そのため、1回あたりの施術効果も高く、少ない施術回数で高い脱毛効果を感じることができます。

医療脱毛の効果が現れるまでの回数

医療脱毛の効果が実際に現れるまでは、具体的にどのくらいの施術回数が必要なのでしょうか。

ここでは、その状態別に、目安となる回数を解説します。

自己処理が楽になるまでの回数

自己処理が楽になるまでの回数は、個人差もありますが概ね5回程となっているようです。

そのため、自己処理が楽になるまでが脱毛の目標であるという方は、比較的早くに満足な効果を得られるでしょう。

また、医療脱毛では施術1回あたりに全体の約20%を脱毛するので、施術5回で一通りの部位をカバーできることがわかります。

自己処理が不要になるまでの回数

ある程度ツルツルになり、自己処理がほとんど不要になるまでの回数が、概ね8回程度とされています。

そのため、脱毛施術の効果をある程度満足できるレベルで感じるためには、8回以上の施術回数が目安です。

永久脱毛までの回数

医療脱毛で全身脱毛を受け、完全にツルツルになるような永久脱毛の効果を感じるためには、約12回程の施術回数が目安とされています。

また、施術の間には間隔を空ける必要もありますので、完全な永久脱毛の効果を感じるためには、ある程度の施術回数と時間が必要であることを認識しておきましょう。

【部位別】医療脱毛にかかる回数

脱毛効果を感じられる回数は、ムダ毛の種類や生え方によって異なりますので、部位ごとに違いがあります。

この項目では、医療脱毛の効果を実感するためにかかる回数を、部位別に解説しましょう。

医療脱毛のレーザー脱毛施術は、メラニン色素が薄い顔部分には効果が現れにくいという特徴があります。

そのため、顔脱毛で効果を実感できるまでには、10回程の回数が必要になっており、他の部位よりも時間かかる傾向です。

腕・脚

腕や脚は、全身の中でも比較的ムダ毛が多い部分となっています。

しかしながら、ムダ毛の濃さや量が、レーザー脱毛機の効果が出やすい傾向にある部位でもあるため、概ね5回から6回程度で効果を感じることが可能です。

また、これらの部位は、比較的施術の痛みも少ないという特徴もあります。

お腹・背中

お腹・背中は、脱毛にかかる回数がやや多くなる傾向にあり、約8回程度の施術回数が必要となっています。

特に、広範囲に渡って産毛が生えているケースのでは、効果を実感するまでにある程度回数が必要になり、時間もかかる傾向です。

ワキ

ワキは、全身のムダ毛の中でも濃く太い毛が多い部位となっていますので、脱毛施術の効果を感じやすい部位となっています。

個人差はありますが、早い場合は3回ほどで脱毛効果を実感できるでしょう。

その後、5回から8回程度の回数で、自己処理の手間がなくなるほどにキレイになります。

VIO

VIOは、全身の部位の中でも個人差が大きい部位となっております。

また、どのような脱毛結果を期待するのかによっても施術回数が異なりますが、薄くしたいだけというのであれば、5回程度で効果を感じることが可能です。

一方で、完全にツルツルになるまでを目標とするのであれば、10回から12回程度は必要となるでしょう。

少ない回数で医療脱毛の効果を実感する方法

脱毛施術を受ける回数は、可能な限り効率よく少ない回数で効果を実感したいものであると思います。

この項目では、少ない回数で脱毛効果を実感するためのコツについて解説しましょう。

毛周期に合わせて施術を受ける

毛が生えて成長し、抜け落ちるまでの一連のサイクルを『毛周期』と呼びます。

脱毛施術は、この毛周期の間隔に合わせて施術を受けることによって効果を発揮しますので、適切な毛周期に合わせて施術を受けるのが、少ない回数で効果を実感する大きなポイントです。

そのため、1ヶ月から3ヶ月程度の最適な間隔を開けて、継続的に施術を受けるのが重要になります。

自分の肌や毛に合った脱毛機を選ぶ

医療脱毛クリニックによっては、複数の種類のレーザー脱毛機を使用することができるケースもあります。

それぞれの機器によって、剛毛に効果があったり産毛に効果があったりと特徴が異なりますので、自分の肌や毛に合った脱毛機を選ぶことで、より効率よく効果を発揮させることが可能です。

保湿ケアや日焼け対策を怠らない

肌状態が悪かったりダメージを負っている状態では、肌トラブルを引き起こすリスクを避けるために、脱毛器の照射出力を下げられてしまうことがありますので注意が必要です。

また、日焼けの状態が強い場合は、その日の施術そのものを見送られてしまうケースもあります。

そのため、施術期間中に日焼け状態になるのは避けるように心がけ、保湿ケアなどをこまめにすることで、万全の状態で施術を受けられるようにしておきましょう。

まとめ

このように、できるだけ少ない回数で脱毛効果を実感したいのであれば、効果の高い医療脱毛を受けることをおすすめします。

また、しっかりと脱毛効果を実感するためには、ある程度継続してクリニックに通う期間が必要です。

安全かつ脱毛効果を最大限に得るためにも、焦らず適切な間隔で施術を受けるようにしましょう。

投稿者 石原

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です